Skip to main content
Toggle Settings Menu
0
Toggle Settings Menu

言語

Afrikaans shqiptar (Albanian) አማርኛ (Amharic) عربى (Arabic) հայերեն (Armenian) Azərbaycan (Azerbaijani) Euskal (Basque) Беларус (Belarusian) বাঙালি (Bengal)i Bosanski (Bosnian) български (Bulgarian) Català (Catalan) Cebuano 简体中文 (Chinese - Simplified) 中國傳統的 (Chinese - Traditional) Corsu (Corsican) Hrvatski (Croatian) čeština (Czech) dansk (Danish) Nederlands (Dutch) English Esperanto Eestlane (Estonian) Suomalainen (Finnish) Française (French) Frisian Galego (Galician) ქართული (Georgian) Deutsche (German) Ελληνικά (Greek) ગુજરાતી (Gujarati) Kreyòl Ayisyen (Haitian Creole) Hausa Ōlelo Hawaiʻi (Hawaiian) עברית (Hebrew) हिन्दी (Hindi) Hmong Magyar (Hungarian) Íslensku (Icelandic) Ndi Igbo (Igbo) bahasa Indonesia (Indonesian) Gaeilge (Irish) Italiana (Italian) 日本人 (Japanese) Basa jawa (Javanese) ಕನ್ನಡ (Kannada) Қазақ (Kazakh) ខ្មែរ (Khmer) 한국어 (Korean) Kurdî (Kurdish) Кыргызча (Kyrgyz) ລາວ (Lao) Latine (Latin) Latvietis (Latvian) Lietuvis (Lithuanian) Lëtzebuergesch (Luxembourgish) Македонски (Macedonian) Malagasy Melayu (Malay) മലയാളം (Malayalam) Malti (Maltese) Maori मराठी (Marathi) Монгол (Mongolian) မြန်မာ (Burmese) नेपाली (Nepali) norsk (Norwegian) Nyanja (Chichewa) پښتو (Pashto) فارسی (Persian) Polskie (Polish) Portuguesa (Portuguese) ਪੰਜਾਬੀ (Punjabi) Română (Romanian) русский (Russian) Samoa (Samoan) Gàidhlig na h-Alba (Scots Gaelic) Српски (Serbian) Sesotho Shona سنڌي (Sindhi) සිංහල (Sinhalese) slovenský (Slovak) Slovenščina (Slovenian) Soomaali (Somali) Español (Spanish) Urang Sunda (Sundanese) Kiswahili (Swahili) svenska (Swedish) Tagalog (Filipino) Точик (Tajik) தமிழ் (Tamil) తెలుగు (Telugu) ไทย (Thai) Türk (Turkish) Українська (Ukrainian) اردو (Urdu) O'zbek (Uzbek) Tiếng Việt (Vietnamese) Cymraeg (Welsh) isiXhosa (Xhosa) יידיש (Yiddish) Yoruba IsiZulu (Zulu)

M S D Boone Township (6460)

学生の成長

生徒の成長は、生徒が4年以内に英語/語学および数学のアカデミック基準に習熟するか、習熟度を維持することを目標としているかどうかを測定します。学生成長パーセンタイル(SGP)は、これらの目標を達成するために学生が毎年適切な成長を遂げているかどうかを判断するために使用されます。 SGPは、学生と同じパフォーマンス履歴を共有している他の学生、または学生の「学業仲間」と比較した学生の学習を表します。学生の成長を報告する場合、学校に在籍する学年のほとんどを費やす2つの連続した評価結果を持つ学生のみが含まれます。 (データソース:2018-2019学年)

この企業の学生の何パーセントが年間成長目標を達成または超過しましたか?

生徒の成長は、生徒が英語/語学および数学の標準の習熟度を維持するか、習熟度を維持することを目標としているかどうかを測定します。

英語/語学

3〜8学年

52.0%
州平均 52.3%

英語/語学 3〜8学年

人種/民族

アジア人

N *

ブラック/アフリカ系アメリカ人

N *

ハワイまたは太平洋諸島人

N *

ヒスパニック

46.9%

多民族

N *

ネイティブアメリカン

N *

白い

52.1%

学生グループ

経済的に不利な

42.8%

英語学習者

N *

障害を持つ学生

31.1%

コンテキストでのパフォーマンス

M S D Boone Township (6460)

52.0%

インディアナ

52.3%

グレード10

76.7%
州平均 62.4%

英語/語学 グレード10

人種/民族

アジア人

N *

ブラック/アフリカ系アメリカ人

N *

ハワイまたは太平洋諸島人

N *

ヒスパニック

N *

多民族

N *

ネイティブアメリカン

N *

白い

77.3%

学生グループ

経済的に不利な

47.8%

英語学習者

N *

障害を持つ学生

N *

コンテキストでのパフォーマンス

M S D Boone Township (6460)

76.7%

インディアナ

62.4%

成績3〜8の生徒の最低成績25%

38.5%
州平均 33.6%

英語/語学 成績3〜8の生徒の最低成績25%

人種/民族

アジア人

N *

ブラック/アフリカ系アメリカ人

N *

ハワイまたは太平洋諸島人

N *

ヒスパニック

N *

多民族

N *

ネイティブアメリカン

N *

白い

75.9%

学生グループ

経済的に不利な

76.9%

英語学習者

N *

障害を持つ学生

58.5%

コンテキストでのパフォーマンス

M S D Boone Township (6460)

38.5%

インディアナ

33.6%

数学

3〜8学年

28.3%
州平均 38.6%

数学 3〜8学年

人種/民族

アジア人

N *

ブラック/アフリカ系アメリカ人

N *

ハワイまたは太平洋諸島人

N *

ヒスパニック

20.4%

多民族

N *

ネイティブアメリカン

N *

白い

29.0%

学生グループ

経済的に不利な

17.6%

英語学習者

N *

障害を持つ学生

11.3%

コンテキストでのパフォーマンス

M S D Boone Township (6460)

28.3%

インディアナ

38.6%

グレード10

40.0%
州平均 35.7%

数学 グレード10

人種/民族

アジア人

N *

ブラック/アフリカ系アメリカ人

N *

ハワイまたは太平洋諸島人

N *

ヒスパニック

N *

多民族

N *

ネイティブアメリカン

N *

白い

39.2%

学生グループ

経済的に不利な

21.7%

英語学習者

N *

障害を持つ学生

N *

コンテキストでのパフォーマンス

M S D Boone Township (6460)

40.0%

インディアナ

35.7%

3〜8年生の生徒の最低成績25%

11.1%
州平均 17.1%

数学 3〜8年生の生徒の最低成績25%

人種/民族

アジア人

N *

ブラック/アフリカ系アメリカ人

N *

ハワイまたは太平洋諸島人

N *

ヒスパニック

N *

多民族

N *

ネイティブアメリカン

N *

白い

26.2%

学生グループ

経済的に不利な

14.5%

英語学習者

N *

障害を持つ学生

14.6%

コンテキストでのパフォーマンス

M S D Boone Township (6460)

11.1%

インディアナ

17.1%

この企業の学生は、英語/語学と数学の能力向上に向けた州の中間目標と比較して、どの程度成績を上げていますか?

暫定目標は、習熟度に向けた成長のための州の長期目標を達成するために必要な予想される進歩を示しています。

学生グループ

この企業の学生の成長率の中央値は何パーセントですか?

Student Growth Percentilesは、学業成績が似ている他の学生と比較して、特定の年に学生が学んだ進歩の量を表します。

1
(最低)
50
(平均)
99
(最高)

英語/言語芸術の成長率の中央値のグレード3〜8

1
50 50
99

英語/言語芸術の成長率の中央値グレード10

1
69 50
99

数学の成長パーセンタイルグレード3〜8の中央値

1
41 50
99

数学成長率パーセンタイルグレード10

1
26 50
99